『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の予告編批評_予告編を観て映画に行こう!

ナミヤ雑貨店の奇蹟_公式サイト

初登場一位!!すごいですね。

2017.9.23公開しました。

廣木監督すごいですね。最近ヒット作が多いです。

 

手紙をきっかけに、

過去と未来がリンクする映画。

 

これ系ですきなのは、

チョンジヒョンが主演だった、『イルマーレ』です。

『猟奇的な彼女』で彼女の大ファンになりその流れで観たイルマーレ。

 

なんでしょうね。

様々な監督が『ラブレター』って題名で映画を撮っているのですが、

どこか何か、手紙って力があるんですかね。

 

今ふと思ったのは、

手紙自体がタイムラグのあるものですよね。

今現在、すぐれた郵便網があっても、

1日2日はかかるわけですけど、

 

そのやり取りでいうと、手紙送ってじゃあ明日返事がくるかってきませんよね。

しかも、もっと昔だったらそこに、

 

大きな時間のズレというか、

愛おしいような、苦しくなるような時間がたくさんあったんだと思います。

 

そーゆーところから、きてるのかな。

 

手紙にかいてある言葉は、過去なんですよね。

手元に届くときには。

でも、手紙を送る側からすると、未来に送るんですよね。

明日とか、明後日とか。

 

だから、過去とのやり取りだし、未来とのやり取りなんですよね。

 

「手紙着く頃には、もう結果がでてるかもしれませんね。それとも生きてますか。」

 

みたいな、ぞっとする手紙をふわっと。

 

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』です。

初登場一位。

批評する前ですけど、映画館で正直4、5回は観たでしょうか。

ほんといい予告といいますか、

ジーンとくるんですよね。

 

作品はもちろん、

予告も素晴らしいです。

主演の山田涼介さんの表情ですよね。

あれだけで、涙誘うやつ。

 

では予告編を観ていきましょう!

ざっくり

カドカワ&松竹

松竹かと思ってましたが、カドカワもですね。

 

「世界累計800万部突破」( ゚д゚)800……

 

東野圭吾ですやん!

 

めっちゃ海外で人気あるんですね。

すごい。

 

もしや、中国市場を意識してるんですかね。

「中国で最も稼ぐ外国人作家」は東野圭吾、ハリポタ作者上回る―中国

 

なんでしたっけ。なんか最近日本のアニメ、あ。

ソードアートオンラインか。

劇場版「ソードアート・オンライン」中国6000館規模で公開 : 映画ニュース …

 

すごいですよね。

6000館て( ゚д゚)

日本で大規模公開で400館くらいですよ。

 

10倍……

 

そんな東野圭吾作品史上、

「最も泣ける感動作」

 

そんなコピー使われたら、

まあ期待しますし、もうここだけで、

宣伝としては十分です笑

 

このフレーズを使える映画はヒットが約束されています笑

 

「2012年」

一軒の廃屋に迷い込んだ若者

 

「1980年」

悩み相談を受けるナミヤ雑貨店

 

この素直にテロップで年代が違いますよって説明してるのが今っぽいですよね。

すごいわかりやすいし、そこにかぶせてナレーションで説明。

 

開始12秒で、この話の骨格はもう説明されました。

最近、ここの説明までのスピードほんと早いです。

すごい、大事だし。

 

ピクサーの映画とかディズニー映画もそうですけど、

頭5分で全部わかるようにダイジェストみたいなオープニングで始まりますもんね。

 

あの、二つのアニメーション映画会社のオープニングは本当に構成を学ぶ上で参考になります。すごい作品。

そりゃあんだけヒットしますよまったく( ゚д゚)

 

そして山田涼介さんのもとに、

32年前からの手紙が届きます。

 

あ、林遣都さんだ。

 

ほんと目の色を消しますよね。生気といいますか。

奥行きがあるのに、奥行きを潰すのがうまい、

この男は空っぽなんだなと思わせる役者です。

 

そして、23秒。

 

届いた手紙の象徴的なカットと、

「山下達郎」!!!!

 

撃沈。もーいい映画です。名作です。

下手なスライドショーでも泣けます。

最高です。結婚式なら、阿鼻叫喚です。意味が違いますが漢字の雰囲気です笑

 

「これはたった一夜の奇蹟の物語」

 

もう、予告篇の最後につくような名キャッチコピーを、

真ん中までこないタイミングでどーん!!!

たたみかけですね。

さすが1分。

 

仕掛けが早い。

「手紙でつながる、過去と現在」

セリフ「返事もらったっほうが案外それで人生変わっちまったりしてさ」

 

そうなんですよね。

 

言葉って受け取る側の方が影響でかいんですよね。

なんなんでしょうね。

 

しかも、まったくない言葉より、

ある言葉の方が響いたりするんですよね。

 

多分、そう言って欲しかったんでしょうね。

 

だれかが言ってくれるのまってるときありますよね。

 

セリフ「この爺さんも、手紙が来るたんびに悩んだのかもな、俺たちみたいに」

 

なんでしょうね。

セリフだけで十分なんですよね。

原作のいい部分が出てると思います。

 

今はとにかく耳から入ってくる情報をありがたかるところは多いと思います。

たぶん、

 

目が休みたがってるんでしょうね。

 

いいですね。

 

山下達郎の音楽と、

セリフで押し切る予告。

 

予告編がとても熱かった時期の、

かっこいい予告編を思い出します。

 

あと、とにかく山田涼介さんの表情がいいです。

 

走ってる時も、

遠い目も。

 

すごい、多分スクリーン映えするんでしょうね。

どんどんいい役者さんになっていく気がします。

素晴らしいです。

 

んー。

たった一夜の奇蹟か。

なんか、デイの映像が多かったな。

 

どうなんでしょうね。

回想なのか。

1980年の映像なのか。

 

原作も読んでないのでわかりませんが、

ハッピーエンドを強く強く期待したい映画です。

 

泣けるんでしょうね笑

映画館に行きましょう!!!

 

『エイリアン:コヴェナント』の予告編批評。予告編を観て映画に行こう!

 

 

あわせて読みたい

Bitnami