2042年、世界中の人々はコスプレーヤーになる。

人間がコモディティ化する未来。

 

ある程度の能力は、外付けのアイテムで均等に、

同じエンジンの中、同じものがある程度人生の中でみられるようになった社会。

 

そこではAIに仕事を奪われ、

奪われた人間たちは、遊んでくらした。

仕事が奪われても生産性は落ちないし、富が落ちるわけでもない。

仕事が奪われても、社会全体として仕事が減るわけじゃない。

仕事がしたい人は、やればいい。

 

自分から率先してやる。

2017年とくらべれば、人間がやれる仕事は今よりもっと複雑になっているはず。でも、2017年とくらべて、人間はAIの力を活用して、より複雑な仕事を簡単にこなせるようになっている。

 

『僕は仕事がしたいです。』

 

それは、すでにコスプレである。

今現在も、コスプレに近い仕事はあると思う。

僕の中での、コスプレの現在の定義は、

本人にその職業の能力がなくても、

コスチュームをきて、変身できる。ってこと。

 

それが、近い将来、

シンギラリティなんてくるのかしら。

 

そのくらいに、多くの職業が、

だれでもできる仕事になる。

 

それは、近い将来。

全員をコスプレーヤーにさせる。

 

あわせて読みたい

Bitnami