『ぼくのワンダフル・ライフ』予告編批評_予告編を観て映画に行こう!

公式サイト

 

予告編批評です。

今回はワンダフル・ライフ。ありそうでありそうな名前の映画笑

 

まず、僕犬好きなんですけど。予告編のあたまで、

「これも僕、これも僕……僕は何度も生きてきた」ってナレーションプラス、

かわいい犬たちの姿。ここでもう泣けます。

 

そうです。幸せなことであり、飼い主としての最大の責任だと思うのですが、

飼った犬の最期を看取る。

 

犬ともそうですけど、

ペットを買う場合いちばん大事なことではないでしょうか。

きっとそんな犬ちゃんが、何度も生まれ変わって、

同じご主人に仕えて、

最期は主人を看取る。みたいな話でしょうか。

もー号泣です。笑

 

最初の茶色いもふもふ犬。べりー。

イーサン少年の出会い。

 

少年かぁ……。少年からスタートかぁ。感動だなぁ笑

少年が青年になりました。愛し愛され、ただただ嬉しかった。

ここで30秒。

 

ここれガールフレンド。

一生の伴侶でしょうか。ベリーのお陰で出会う。

お祭りなんですね、やっぱり。

 

そして中盤。やっぱりベリーは死んじゃいます。

もう泣きそうです。辛いです。

で、さっそく蘇ります笑

 

しかも、このミッドのいちばん大事なところ、

全部ナレーションベースで、

完全に犬目線です。

犬目線のはなしなのでしょうか。

むむ。

それとも予告編のつくりなのか。

 

犬ちゃんが、ナレーションベースの映画だったら、

「ペット」よりですね。

本編ではどうなんでしょ。

 

それで生まれ変わるんだけど、

イーサンにはなかなか出会えないんですね。

「トゥー・ヤングトゥーダイ」みたいですが。

 

それで、最後の方出会っちゃうんですよね。

イーサンぽい人と。

ん?これが落ちじゃないのか。最近、オチ見せちゃう映画多いですよね。予告編で。

 

たぶん、内容がわからないでいくのが嫌だって人が多いのでしょうね。

自分の分かる範囲で、自分のコントロールできる範囲で感動したい。

理性的な感動。そんな気がする。

 

「これは、犬と人間の極上のラブストーリー」

 

うーぬ。なるほど。ラブストーリーかぁ。

 

そして、「僕のワン・ダフルライフ」……完全に犬目線や笑

 

しかも監督「ハチ公物語」の人だ笑

犬得意なんだなぁ、

リチャード・ギア大好き。

 

動物の映画、たまに観たくなります。

すごくタイミングは完璧だと思います。

ナイスタイミング犬映画。

 

これは見に行くしか。でも先に「ダンケルク」と「エイリアン」だなぁ笑

あと、「ブレードランナー」。忙しいです。

 

「僕のワン・ダフルライフ」の予告編を観て映画に行こう!

2017年9月29日公開です。

ブロックチェーン技術が医療の世界で使われる。その前段階の今、そろそろ進みそうな仮想通貨や推し進めそうな「COMSA」だったり。

 

 

仮想通貨がすこし一休み中。

中国の仮想通貨取引所が閉鎖されたりして、

全体的に流動性が収まっている。

 

現在の主流は、FX的な使われからなのですが、

そろそろ実用的な使われかたに変わってきそうな気配は感じてます。

その大きなきっかけは、「COMSA」になると思います。

 

 

 

まずは登録です。

そこからです。

登録しなきゃはじまりません。

 

れっつごー!

『オン・ザ・ミルキー・ロード』の予告編を観て映画に行こう!

公式サイト

映画館

ファントムフィルムツイッター

 

『オン・ザ・ミルキー・ロード』

予告編を観て映画館に行こう。構成を見て、勉強をして、予告編制作に生かして。

構成がとても大事。行動。行動、行動。

 

公式サイトのコピペ。

カンヌ国際映画祭の最高賞・パルムドールを2回、ベルリン国際映画祭・銀熊賞、ベネチア国際映画祭・銀獅子賞を受賞と、世界三大映画祭を制覇したエミール・クストリッツァ監督による9年ぶりの監督作。公式サイト

 

予告編をざっくり分解して構成を観て、映画を鑑賞した気になって、語ろう!!

ちなみに1分30秒のバージョンのやつです。サイト開いたら自動的に流れるやつ。

ざっくり

ファントムフィルム!!映画宣伝といえばファントムフィルム。

ケッコー田舎のほうの、どこかで鳥さんたちがぐわーってたくさん歩いてる。

鳥さんが好きな監督なのかしら。押井守さんの映画には、毎回犬がでてきますが、

自分を映し出す動物っていますよね。

 

と思ったら、同じ方向から機関銃を搭載したヘリコプター!!

( ゚д゚)!!!

ばばばばばばっば!!!!!

 

ん、戦争映画ですか?なんですか。

死んじゃうんですか、音楽陽気な、店舗のいいのか悪いのかわからない、どくとくな音楽ループですけど、どーします?

ここで登場主人公!!!

監督らしい。

 

僕の憧れは、ロベルトベニーニ。いつかアカデミー賞に出席して、椅子の上に立つんだ。コメディー。

 

その次にヒロインの紹介。

村一番の英雄の元に嫁いできた、美女。

めっちゃきれいー。

 

そして、コスタ(主人公兼監督)は、美女に恋をしている。モニカベルッチ。

この人と共演したい!ってモチベーションも少しはあったんですかね笑

 

彼女に夢中なコスタは配達にいったのに、彼女に夢中で牛乳を忘れ、なんかヤギみたいな馬のような白い動物に乗って帰ろうとするコスタ。

コスタをおいかける、美女。「忘れ物よ!!」と、追いかける美女の優しい目線。

ナイスカット。ここでキュンキュンしちゃう。あー、いい映画笑・

 

ここで頭30秒。30秒三分割パティーンか。

「序」が終了。ふたたびテロップ。

 

『アンダーグラウンド』『黒猫・白猫』のクストリッチァ監督。

9年ぶりですからね。まってたファンもきっと多数。この映画の売りは、監督。

三大映画祭制してますからね。すごい。ほんとすごい。

 

それで正直みたことないんですが、「反逆児」なんですね。ビンセントギャロ

ポジションですか。あの人かっこいいですよね。

 

日傘さした牛乳はいたつのおっさんが、高原を白ヤギ馬にのって爆走カット。

広い映像がまんなかにくると、なんとなく大作感が出るのでここにもってきてストーリーを広げています。

 

そしたらいつのまにか、牛乳配達に美女独白。

「すべてをわすれ、この村で結婚して___人生を変えようと」

なるほど、なにかから逃げてきたのね、美人さん。そして村一番の英雄と。

なんの英雄なんでしょうか。でも、最前線だから

戦争で、なにかやっつけたんですかね。

 

ばばばっばば!!( ゚д゚)

 

「人生変えようと……」と、窓の外をみている美女の流し目。

こんなちっこい村であんな流し目みたら、村が揺れます。

大揺れです。村一番の英雄は、レジェンド英雄です。ジェジェンド。

 

あの、窓の外に向けた目線が牛乳配達員、主人公への目線なのであれば完全に誘ってます。

そして、「計画通りだな」という、多分主人公のせりふがあって、

「あなたと出会ったこと以外は」と、おーーーーっと予想通りの予想外の展開!!!

 

ここでキス!!まさかのキス!!安定のキス!!そーなるよね11。なぜかイレブン。

 

と、気分が盛り上がって興奮していると、正面からヘリコプター!!

現実( ゚д゚)

 

そして、川の中を移動する、フォレストガンプも経験した水中移動。

もちろん銃口はこちらをむいております。

 

そして撃ちます。え!!!((((;゚Д゚)))))))

撃つの!!

逃げる、コスタと美女!!

美女がウエディングドレスみたいなの着てます。

まじっすか。あらためてコスタと結婚式ですか。これは、二人だけの、あなたとやり直したいわ人生。的な、こっそり二人だけの結婚式。向田邦子もびっくり。

 

銃撃の雨あられの中逃げます、二人。

 

戦場とかした村の中で、牛さんは死んでるし、鳥さんの集団はオープニングで左から右に歩いてましたが、こんどは右から左です。どっかに帰るんですね。お疲れさまでした。鳥さん、好きなんですね。

「愛の続く道を進め」

 

と、広い映像。走る二人。愛をちかって、

二人だけの結婚式をさらっとあげて幸せの絶頂で、逃避行がスタートするのか!!

 

そしてここでメインコピー

「ミルク運びの男と美しい花嫁 壮大は愛の逃避行」

そーゆー予告でしたここまで。まさにここのコピーに来るためのような予告。

すっばらしいです、初志貫徹。

背景は花火。打ち上がってます

 

ここから加速する感じですか。テンポアップですか号砲がうちあがったかんじですか。

 

そしたら、先行きが不安になるようなカットに一転チェンジ!!

井戸に

落ちてる、

花嫁。((((;゚Д゚)))))))

 

え。落ちます?なんでおちたの?きになる!!

「面白く感動的で、マジカルな寓話」

夜のみんなでお祭り騒ぎシーン。まあ、とにかく綺麗。

綺麗な映像。とっても楽しそうで。寓話的。ここだけみて、こめんとしたんじゃねーの?笑そんなことないですけど。

 

「魔法とリアリズムと悲劇が散りばめられた 陽気なパーティーのような物語」

だから、ここのパーティーシーンこんな長いんだ。納得。

ここにかぶせたかったんですね。律儀!!

 

そして、なんか急に部屋の中にうつって、

時計仕掛けの時計がでてきて、楽しそうにブランコですか。

シーソーゲーム。シーソーゲーム!!

動物と頭で押し合うなにがし。おもしろそう。そんなエピソード、映画のどこに入るの。まじんがー。

それでいろんな映画祭に出品されましたよ。って、

また広い画。こんどはコスタを背負っている、美女。なんかうまくいってそうですね。

「運命は幸せな物語も用意してくれるさ」コスタ決めセリフ。

かっちょいい。

 

ナレ「圧倒的なエネルギーと夢と現をおりこんだ、予測できないストーリー」

んー、すごいナレだな。でも、こーゆー感想になるんだろうな。みると。

逃避行の行く末は……

タイトル

「オン・ザ・ミルキー・ロード」

 

最後は綺麗な鳥と、きれいな景色で終わり。

 

多分、すごいふわっとした映画なのでしょうね。

そして予告は楽しい部分を全面的に押し出すパターン。

寓話であり、楽しいパーティーのような話。

 

予告はとくにそこによって作られてる。

「現実的」部分はほとんど消されてます。

それがどーでるか。もっと現実的な辛さとか、美女と苦悩とか。

戦争のなにかとか、そこらへんを陽気な寓話として楽しいラインにのせて押し切ってくれるのか。そこが見所ですね。

 

クストリッツァ監督の作品を観たことがないので、ぜひ面白そうだからミニいこう。

楽しい部分に焦点をあてた、

非常に綺麗なわかりやすく、丁寧な予告でした。

ちゃんと見せなきゃいけない部分をしっかり見せて、映像をナレとテロップで保管して、しっかり作られてます。

 

ありがとう!